STBとは?5分で分かるセットトップボックス

2018.06.29

STB、セットトップボックスという言葉について聞いたことがある、またはよくわからないという方向けに5分程度でわかりやすく解説します。

STB(セットトップボックス)とは?

STBとは、セットトップボックスの略称です。STBは家庭でテレビを見る際に必要な機器のひとつです。テレビがまだブラウン管時代、テレビの「上に置く箱」だったことからこの名が付いたとされています。

ケーブルテレビ業界では、アナログ放送用の同機器を「ホームターミナル」、デジタル放送用の同機器を「セットトップボックス(=STB)」と呼び分けされているようですが、明確な定義分けが存在するわけではありません。そのため、ここでは同機器の総称としてSTB(セットトップボックス)の名でご紹介を行っていきます。

STBの主な機能

地上波デジタル放送をはじめケーブルテレビ放送、衛星放送やIP放送など各種の放送データは一度このSTBを通してテレビモニターに表示されます。簡単に言いますと、これらの放送は基地局から放送信号として発信され、電波に乗ったりケーブルの中を通ったりしてご家庭まで届きます。しかし、このときデータの状態は「放送用の信号」ですので、テレビモニターに表示させるためには、まだこの信号を「テレビが受信できる信号」に変換する必要があります。
この役割を担っているのがSTBで、アンテナから受信した信号、またはケーブルから届いた信号がSTBによって変換されることで、テレビモニターに表示可能になるのです。

よく勘違いされる、<STB>と<チューナー>との違い

ところで、STBは「チューナー」と混同されることがありますが、これは誤解です。
ケーブルテレビや衛星放送など、または「地上デジタルテレビ放送」か「地上アナログ放送」かなどによっても、放送の周波数帯や方式がそれぞれ違います。これら規格の違う放送を受信するためには、それぞれに対応した受信機が必要であり、これが「チューナー」と呼ばれています。一方、STBは受信機能を内蔵していますが、受信した信号を変換することが主な役割であり、上述のようなサービス機能を統合的に併せ持ったものの名称です。つまり、単に受信機としての機能だけのチューナーとは区別されています。

家庭用はもちろん、”業務用”としても活躍するSTB

STBの役割は実はこれだけではありません。利用場面も家庭用・業務用と様々で、それぞれのSTBによって全く違った多彩な機能が搭載されています。

昨今、利用シーンが急増している「操作ターミナル」としての役割

主な役割は、上述の通り「放送信号をテレビが受信できる信号に変換すること」です。しかし、STBは他にも複数のチャンネルを切り替えたりビデオオンデマンドの番組を選択したりする際の、「操作ターミナル」としての役割も担っており、専用のリモコンを操作してチャンネルを切り替えることができるのはこのSTBのおかげでもあります。

また、昨今はSTBに、様々な機能が追加され多様な業務用途やサービスに対応したものが製造・販売されています。
具体的には以下のような機能が挙げられます。


 ○機器制御端末
 ○ホームゲートウェイ
 ○有料放送を契約者にのみに視聴可能とする、「スクランブル解除」(=暗号解除)機能
 ○B-CASカードやC-CASカードなど、ICカードを使った受信制御・コピー制御
 ○インターネットテレビ
 ○視聴年齢制限(ペアレンタルロック)
 ○VOD
 ○ゲーム
 ○カラオケ
 ○HDDレコーダー
 ○DVDレコーダー及びプレイヤー

 
このように、業務用途やサービスによって様々な機能が実装されており、それぞれのSTBの目的・用途など必要に応じて設計・開発されています。そのため、機能によっては一般ユーザーには販売されず、企業向けに販売されているものもあります。

映像配信だけじゃない。業務用STBとは?

ご紹介しました通り、STBの機能は映像配信のみに留まりません。特に前述のVOD、ゲーム、カラオケなどは一般家庭のテレビでは必要のない機能だといえますが、これらの機能は一般家庭用のSTBには搭載されず、殆どが業務用のSTBに搭載されるものです。
業務用のSTBの特徴としては、利用用途に特化した機能のみを搭載できるため、テレビ放送の受信端末として使えるだけでなく、他の用途にも使えることが挙げられます。例えば、無線LANを搭載しているのでIoT端末の制御に使えたり、或いはホームゲートウェイとして利用することも可能です。また、センサーからの情報を一元収集できるという利点もあります。

業務用のSTBが導入されている例としては、主に映像配信の用途では例えば業務用STBはケーブルテレビ会社などのサービス業者に対して販売が行われており、それらの業者が提供する衛星放送などのサービスにおいて、受信契約を行ったユーザーへ業者から貸与され利用されるなどしています。他にも映像配信以外の機能での活用例では、ホテルや旅館などの宿泊施設で宿泊客へカラオケ利用サービスやVOD視聴サービスの提供を行う際に、施設側がカラオケ機能・VOD機能付きのSTBの導入を行っています。

終わりに

如何でしたでしょうか? STBとは何か、ご理解いただけたでしょうか。もっと知りたい!という方は、弊社の製品情報ページで実際のSTBをご覧いただけます。よろしければご覧ください。
URL:https://iot.tranzas.co.jp/stb.php


それでは、今回は以上となります。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

以下資料もあわせてご覧ください!(無料ダウンロード)

事例資料

業務用STB(セットトップボックス)「VeChica」

資料をダウンロードする