業務用ウェアラブルデバイスによる「物流センター」における業務効率化事例

多くの物流倉庫や物流センターの現場の多くでは、ハンディターミナルシステムの導入が進み活用された事により、「商品管理を手書きの台帳で行う事により発生していた記入ミス」などの業務非効率要因を一度に解消し、効率化を実現しました。

しかしながら物流業界は、配送コストの上昇の問題や、人材不足等の問題が発生しており、更に業務の効率化を図らなければならない必要性に迫られています。

では、どのように更に業務効率を高めることができるのか。
今、話題のウェアラブルデバイスを活用している物流現場が増えており、そのメリットと利用例についてご紹介します。

本資料は弊社のウェアラブルデバイス「Cygnus」を活用した物流センターでの作業者の「動線見える化」事例です。

Wifi/Bluetoothにより位置情報の取得を行い、
熟練作業者の工場内での動線を見える化しました。

本システムを導入することで、倉庫内・工場内の作業効率アップにつながっています。