STB(セットトップボックス)

業務用STB「VeChica」

業務用STB「VeChica」

放送受信・視聴だけでなく、その特徴を活かし、機能特化型コンピュータとしてあらゆる場面で活用されるSTB

STB(Set Top Box)は、テレビに接続し、放送信号を受信して映像をモニターで視聴できるように変換するために利用されることが多いですが、機能特化型コンピュータ、IoTゲートウェイとして、映像受信、テレビ会議、ルームコントロール、サイネージなどIoTに求められるあらゆる環境に対応することができます。

STBとは?
5分でわかるセットトップボックス

セットトップボックスの活用シーン

動画再生

RTSP、デジタルTV、MPEG-DASH、HTML5、HLSなど様々な動画配信プロトコルに対応しています。ディスプレイとプレイヤーが別々なので、機器の組み合わせの幅が広がります。

テレビ会議

独自コミュニケーションサーバーを使用し、HD画質による複数拠点の利用が可能です。高品質で安定的な映像配信が可能です。

IP放送

ホテル向けVOD配信やIPマルチキャスト放送サービス、IP再送信サービス(地上波及びBS放送の再放送)などブロードバンド接続でのインターネット放送の再生に対応しています。

デジタルサイネージ

映像配信の専門メーカーである当社が手がける高画質・安定稼働、使いやすさ抜群のデジタルサイネージは、MicroSDカードを搭載しており、動画ファイルのダウンロードに対応しています。再生スケジュールは当社CMSから作成が可能です。

デジタルサイネージ「T-Signage」

IoTゲートウェイ

外部ネットワークと家庭内、施設内のネットワークとを中継するゲートウェイとして活用できます。IoTゲートウェイを設置することにより、コスト削減や1台で複数のデバイスや各種センサー等を管理することができるため、遠隔からでもデバイス等を制御できます。
さらに当社のIoTゲートウェイを利用すれば自動で各デバイスの稼働・休止、調整等を判断させ、デバイスの操作を行わせることも可能です。

IoTコントローラー「AIRUX」

業務用セットトップボックス「VeChica」「Donglee4」

業務用STB「VeChica」

機能特化型コンピュータ

業界に応じて必要な機能だけにカスタマイズできますので、コストを抑え、安価にご利用いただくことができます。

利用用途

・ホテル向けVOD配信
・会員向けライブ配信
・スマートホームにおけるゲートウェイ
・デジタルサイネージ用映像再生
・災害緊急速報
・その他様々な映像配信シーンで利用可能