STB(セットトップボックス)

業務用STB「VeChica」

業務用STB「VeChica」

放送受信・視聴だけでなく、その特徴を活かし、機能特化型コンピュータとしてあらゆる場面で活用されるSTB

STB(Set Top Box)は、テレビに接続し、放送信号を受信して映像をモニターで視聴できるように変換するために利用されることが多いですが、機能特化型コンピュータ、IoTゲートウェイとして、映像受信、テレビ会議、ルームコントロール、サイネージなどIoTに求められるあらゆる環境に対応することができます。

STBとは?
5分でわかるセットトップボックス

セットトップボックスの活用シーン

動画再生

RTSP、デジタルTV、MPEG-DASH、HTML5、HLSなど様々な動画配信プロトコルに対応しています。ディスプレイとプレイヤーが別々なので、機器の組み合わせの幅が広がります。

テレビ会議

独自コミュニケーションサーバーを使用し、HD画質による複数拠点の利用が可能です。高品質で安定的な映像配信が可能です。

IP放送

ホテル向けVOD配信やIPマルチキャスト放送サービス、IP再送信サービス(地上波及びBS放送の再放送)などブロードバンド接続でのインターネット放送の再生に対応しています。

デジタルサイネージ

映像配信の専門メーカーである当社が手がける高画質・安定稼働、使いやすさ抜群のデジタルサイネージは、MicroSDカードを搭載しており、動画ファイルのダウンロードに対応しています。再生スケジュールは当社CMSから作成が可能です。

デジタルサイネージ「T-Signage」

IoTゲートウェイ

外部ネットワークと家庭内、施設内のネットワークとを中継するゲートウェイとして活用できます。IoTゲートウェイを設置することにより、コスト削減や1台で複数のデバイスや各種センサー等を管理することができるため、遠隔からでもデバイス等を制御できます。
さらに当社のIoTゲートウェイを利用すれば自動で各デバイスの稼働・休止、調整等を判断させ、デバイスの操作を行わせることも可能です。

IoTコントローラー「AIRUX」

業務用セットトップボックス「VeChica」「Donglee4」

業務用STB「VeChica」

機能特化型コンピュータ

業界に応じて必要な機能だけにカスタマイズできますので、コストを抑え、安価にご利用いただくことができます。

利用用途

・ホテル向けVOD配信
・会員向けライブ配信
・スマートホームにおけるゲートウェイ
・デジタルサイネージ用映像再生
・災害緊急速報
・その他様々な映像配信シーンで利用可能

STBのIoT活用事例

~ 調剤薬局向けサービス企画・開発を行っている 会社様の事例 ~

お客様のサービス

調剤薬局向けに患者の待ち時間を短縮するサービスや調剤の予約状況・薬の受け取り時間などを通知するアプリケーションの提供

導入前の課題

調剤薬局では、店舗ごとにレセプト(診療報酬明細書)を作成するためのレセプトコンピュータを備え付けていますが、運営母体毎によって異なるメーカーのコンピュータやシステムを利用していることが殆どです。

そのため、どの調剤薬局にも適用できるサービスを構築するためには、各レセプトコンピュータが受け付けた処方箋から必要なデータを取得・整理して、クラウドサーバにデータを送信し処理を行い患者が保有するアプリに予約状況を通知する仕組みが必要不可欠でした。

この「必要なデータを取得し整理する」というデータの中継部分に、 A社様ではエッジコンピュータとして“Raspberry Pi”を利用していましたが、学術用に開発された“Raspberry Pi”は24時間365日業務で稼動する耐久性を想定しておらず、安定性や故障率に難を抱えている部分がありました。
また、メンテナンスにおいても“Raspberry Pi”は現場へ赴くアップデート作業が必須で、同端末に精通した担当者が必要なため、広範囲の展開には不向きな面もありました。

STB導入で得られたメリット

○耐久性と安定性が向上したことによる故障率の低下

○セットアップが簡単で専門知識のある人材が不要

○リモートでの作業や監視・アップデートができるため、広範囲展開でも管理がしやすい

○運用・保守に掛かるコストが低減したことで、トータルコストを削減